【フリーランスの資産形成】つみたてNISAやった方がいいか考えてみる

CREATE:

【フリーランスの資産形成】つみたてNISAやった方がいいか考えてみるのアイキャッチ画像

はじめに

前略

個人事業主は、会社員以上に「将来」について漠然とした不安や、葛藤があるものです。

特に「将来のお金」については、退職金もない、年金も厚生年金に比べると微々たるものとなり、現役の間に、如何にして将来のための資産形成をするかが重要になってきます。 ※年金の月平均受給額は、国民年金「5万円強」、厚生年金「14万円強」といわれている。

今回は資産形成の中でも、比較的始めやすく・情報が潤沢にある(検討しやすい)「つみたてNISA」について、今始めるべきか考えてみました。

それでは、いってみましょう

  1. 得た利益にかかる税金が非課税になる
    ※最長20年間、毎年40万円上限の投資に対し
  2. 「積み立て可能期限」は「2042年まで」※5年間延長された
  3. リスクを抑えたものを選定すれば、利回りは「5%〜7%」が期待できる
    ※過去20年間からの推測
  4. 掛け金は経費にならない。

改めて「つみたてNISA」とは

「つみたてNISA」は、“長期の積立・分散投資を通じた資産形成を後押しするために創設された税制優遇制度”です。 ※細かな制度概要は、金融庁のホームページ

もっと平たくいうと「2042年まで毎年40万円上限で投資ができ、その投資に対して得られた利益にかかる税金が非課税(最長20年間)になる精度」でしょうか。



通常、投資は利益に対して、2割程度が課税対象となるため、 例えば、利益が100万円出た場合は以下のような結果になります。

【利益が100万円出た場合の「手元に残るお金」】 つみたてNISA   : 100万円 つみたてNISA以外 :  80万円

つみたてNISAの方が「20万円」最終的に手元に残るお金が多くなりますね。



つみたてNISAは、普段は投資をしていないような方々もやっているケースがあって、 「まだ、つみたてNISAはじめてないの?」といったような扱われ方をすることがあり、 「投資」ではなく、「金利のいい貯蓄手法」といったような、他の投資とは異なる扱われ方をされているように感じますが、

つみたてNISAも結局は「投資」

なので、まず「はじめるべきか・否か」の最初の分かれ道として「投資をするか・しないか」となりそうです。

つみたてNISAのメリット・デメリット

次に、つみたてNISAを「はじめるべきか・やらないべきか」の前に 一旦メリットとデメリットを整理しました。

メリット

・売却益が非課税  ┗ 通常 投資は2割程度課税対象になるが、つみたてNISAは非課税

・投資した資金の出し入れが自由  ┗ 同じく資産形成の手段として紹介されることが多い「iDeCo」は、   原則的に途中解約出来ないが、つみたてNISAに関しては途中解約に特に制限がない。

  万が一キャッシュが急に必要になった際にも、   必要に応じて引き出すことが可能な点は、大きなメリットですね。

・強制的に資産形成できる  ┗ こちらは、つみたてNISAだから。というメリットではないですが、    銀行預金にお金があるとつい使ってしまう。。という方にはメリットとなり得ます。

デメリット

・元本割れする可能性がある  ┗ つみたてNISAは、あくまで投資のため、   最終的な資金が、掛け金を下回る可能性もある。   (例:100万円投資したけど、-20万円で80万円になってしまった等)

・短期利益は見込めない  ┗ つみたてNISAは、長期投資を前提としているため、    一発当てるような感覚の短期利益を求める場合には不向き。

20年後どれくらい増えるか

以下のサイトでかんたんシミュレーションをすることができます。 つみたてNISA(積立NISA)かんたんシミュレーション

【20年間(積立期間)× 3万円(月積立額)の場合の運用益】 年率7%想定 : 8,112,182円 年率5%想定 : 5,023,733円 年率3%想定 : 2,629,817円

冒頭の「過去20年間から推測される利回り(あくまで期待値)」であれば、 500万〜800万円程度の利益が出る計算となります。

結論

投資に当てるほどの余剰資金がない場合は、 短期利益は見込めない、そしてやはり「投資である」ということから、無理をして始める必要は全くないですが、

私の場合、投資に興味があるものの全くの初心者のため、 まずは「つみたてNISA」はじめてみようかと思います。

楽天ユーザーは、「楽天カード払いで積立すると1%ポイント還元がもらえる楽天証券」でよりお得に積立出来るようです。 また「全世界株式」or「米国株式」を検討する方が多いようですね。

余剰資金があって、資産運用を検討している方は、「つみたてNISA」検討してみては如何でしょうか。

草々


Copyright © 2020 Frontendev. All rights reserved.